gloops社員トーク

会社や文化を理解したうえで、フィットできる。
リファラルリクルーティングのメリットって、どんなこと?

仕事環境でのミスマッチが少なく、入社後もパフォーマンスを発揮しやすい。海外では多くの企業が採用してるというリファラルリクルーティング※を、実はgloopsも行っています。メリットの多い採用経路だとは聞くけれど、いまいちどんなふうに採用されるのかが見えてこないもの。どのような経緯でgloopsを紹介されたの?入社後のギャップはなかったの?実際にリファラルリクルーティングを利用して入社した人に、入社当時を振り返りつつ、語り合ってもらいました。

新しくgloopsを紹介するなら、
「ゲームをつくりたい人」よりも
「ゲームをつうじて成し遂げたいことがある人」。

Hisayo Y. 私たちが今度は別の誰かを紹介するとしたら、gloopsのことをどんな会社だと紹介しますか?

Hideto K. gloopsって、今まさに会社が次のレイヤーに移行する時期だと思うんです。会社がどんどん変わっていくこの瞬間に立ち会えるのは、きっと面白いと思うよって、伝えたいですね。

Masato I. そうですね。Hideto K.さんの言うように、外部の協力会社とのコネクションをつくっていくことで、できることはもっと増えていく。NEXONグループ※に参加したことで、国内だけでなく国外へのビジネスチャンスも見えてきた。これからもっと楽しくなるはずです。

Hideto K. 私たちの軸足は勿論モバイルゲームにあるけど、今後はデバイスの領域を越えてもっと広がっていくはずですよね。

Hisayo Y. そういった未来を実現していくためのアセットがきちんとあるのも、gloopsの強みですね。NEXONグループであることもそうですが、直接ゲームを開発するだけでない、事業そのものを大きくしていくための間接部門がちゃんと存在しますもんね。

Masato I. そう。だから私が次に誰かを紹介するとしたら、「私たちはゲームの会社だけど、ゲームだけをつくるんじゃない」ってことを意識できる人を紹介したいかな。

Hideto K. そういった視野の広さは大切ですね。どうしても目的がこだわりのゲームをつくることになってしまう時期って誰しもあって。ある程度実力をつけて、ゲームを通じて、自分の本当にやりたいことが見え始めた人だと、gloopsはぴったりの場所なのかもしれません。

Hisayo Y. そうですね。そんな人こそ、これから可能性を自ら広げていけるgloopsの環境を楽しんでくれると思います。「やりたいことが見えてきた、でもこれってどこで実現できるんだろう」って人は、企画職や開発職などのセグメントと関係なく、「こんなことを叶えたいんだ」って、gloopsの社員と語り合ってみて欲しいですね。

Masato I. そういう人と新しいシナジーが生んでいけたらいいですね。

Hideto K. 極端な話、これまでどんなタイトルをつくってきたかはあまり問わないですよね。

Masato I. どんな想いで、何を成し遂げたいのかを聞きたいかな。例え大きな想いでも、仲間がいれば可能になることって多いからね。

Hisayo Y. モノづくりに対して貪欲であれば、技術スキルはいくらでも習得出来るし、我々もサポートすることができますしね。やっぱり情熱って重要ですよ!

Masato I. やっぱりHisayo Y.さん、熱いですね (笑)

Hisayo Y. モノづくりって、キツいことの方が多かったりするじゃないですか、だから情熱の強さが粘りを生むし、仲間を呼ぶことにも繋がると思うんですよね。

この記事の情報は取材時点のものです。